読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜吹雪を避けて通る

KPOP、音楽、 すきなことをすきと言いたい自己満足ブログです

♪24 BTOB MOVIEのMVを愛でよう

前回の記事からだいぶ時間が空いてしまいました。

さあ今日は!

 

BTOB7人のぶっとび兄さんが

お洒落にポップに

帰って来たぞーーー!!!!

f:id:shougatsu_san:20170317140815j:image

 

そういうわけです!!!!遅いっしかもこの写真イルンちゃんがいない…

 

この曲、私は好みどストライクです。こういうのを待っていたんですよCUBE、本当にありがとう…

歌といったらヨジャはMAMAMOO、ナムジャはBTOBと評されるほど歌唱力が高い彼ら。7人のメンバーのうち4人がボーカル、3人がラップを担当しています。

歌を、音楽を、心から楽しんでこそBTOBだと思うのです。

映画のようなひとりひとりのストーリーをまじえつつ、楽しい!!!という彼らの感情が、聞き手まで楽しくさせてくれるキュートなナンバーだと思います。

 

さあ、MV愛でていきましょう!

BTOB(비투비) - 'MOVIE' M/V - YouTube

 

ちなみにステージパフォーマンスはこういう楽しい曲のときに発揮される彼らの芸人魂が、所々に滲み出ていますので、必見です。

 Show Champion EP.219 BTOB - MOVIE - YouTube

 

 

f:id:shougatsu_san:20170317141017p:image

かわいいガールフレンドとデートMOVIE・ウングァン

兄さん、やっぱりあなた面白いです、そういうオチは兄さんの得意技よね。

それにしても歌が誰よりも楽しそう。サビの後半なんてすっごい高音なのに、全然苦しそうじゃない、むしろ楽しそうにケロッと歌ってのけるところ、さすがBTOBメインボーカル、BTOBリーダーです。

 

f:id:shougatsu_san:20170317141419p:image

賭けに溺れMOVIE・チャンソプ

Bメロのファルセット(裏声)惚れました。

いろんな歌い方ができる人だと思いますが、哀愁、切なさ、そういう泣きのメロディーが似合うと、個人的に思います。

1番のBメロ、ステパフォで色々面白い工作してくれてます。そういうのも含めて好きです。おふざけから瞬時にプロの顔に戻るところがかっこいい。

 

f:id:shougatsu_san:20170317142156p:image

愛の力で危機一髪MOVIE・ソンジェ

末っ子、成長しました、かっこいい、本当にかっこよくなった。

私はソンジェ推しです。そんでもって、彼を初めて知ったのはヒット製造機。あのひょろひょろした好青年がこんなに男らしくて面白くて歌も歌えるスーパーアイドルになったとは。素晴らしい。

今回の曲、サビはソンジェです。ソンジェはいつもMVのいいところを持ってくね。爽やかでサマになる。あっぱれ。

 

f:id:shougatsu_san:20170317172742p:image

スーパースターの舞台裏MOVIE・ヒョンシク

Aメロの歌い出しがこの人からってすごく贅沢な気がいたします…なんていうか、ヒョンシクのボーカルは私にとって何かがジャストフィットなんです。くどくなくて心地よい、魅惑の声だと思います。

さらっとした踊りの癖とか微笑んだ時の口元の緩みかたとか…かっこいい。本当にもう、それがぴったり。

 

f:id:shougatsu_san:20170408085921p:image

無敵ラッパーの心MOVIE・プニエル

プニエルの好きなところは、細かな仕草です。リズムの取り方とかラップのテンションとか、他のメンバーとは違うプニエルの世界観があって、その世界観がふとした瞬間にぱっと出てくる、そんなところが好きです。

前回作からプニエルのパートは英語ラップというイメージが定着しつつありますが、それもまた良い。言葉のまとめ方が、これ普通の人にはできないよね、っていう詰めかたをしていてかっこいいです。

(あとMVとは関係ないけど、喜びかたがかわいい)

 

f:id:shougatsu_san:20170408090648p:image

私立探偵MOVIE・ミニョク

このMVを見ている人がキャーーーっと、絶対言ってしまうであろうミニョクのこの探偵シーン。部屋を物色中に誰かが入ってくる…という下手な話だけど、世界のイミニョク先生、すごいわ、目線といい体の運びといい、私もキャーーーってなったもん…

ラップだけでなく歌も上手いんです彼。昔ソンジェとデュエットで歌った動画を出してたのですが、あれ惚れました。気になる方は是非。

 

f:id:shougatsu_san:20170408091553p:image

悪党DJ MOVIE・イルフン

こういう悪い役合うよね〜〜〜すごくいい。独特なメイクも、悪そうな目つきも、銃の構えも、全てがこの男に合っている。基本ニコニコしていることが多く、ただでさえ賑やかなBTOBの中でも輪をかけて賑やかなメンバーなのに、こういう目つきが似合うのは何故なのか…とにかくこのイルフンのコンセプト良き。

 

BTOBに求めるものが詰まっている

私はこの曲のように、歌うことの楽しさを感じさせるグルーヴ感がある曲が大好きです。

サビの振り付けもそうだけど、楽しい曲の中にちらっとこなれた感じの色気を取り入れてくるスタイル、(実はこの曲を最初に聞いた時、2014年頃の彼ら7人を思い出してグッときました。きっとYou're So Flyの時に感じた「好き!」という感覚と同じだった。)BTOBらしくてとっても大好きな曲になりました。

これぞBTOB!と思ったファンも多いはず。

 

もっともっと、BTOBにしかできない高い歌唱力とふわっと力が抜けるような色気を見てみたい!

 

 

 

 

 

 

 

♪23 一級秘密/UP10TION 好きなアルバムを語る

突然ですが、アルバムまるまる続けて聴くのっていいですよね!!

私のKPOPの鑑賞の仕方って2パターンあって、

①アルバムまるまる聴く

②好きな曲のプレイリストを作って聴く

のどちらかなんです。

 

UP10TION(以下おぷて)は、事務所の先輩TEENTOPや100%もそうですけど、アルバムごとにテーマが決まっていて、アルバムを一曲目から最後の曲まで一気に聴かせるっていうのを意識してるのでは…?と思います。

 

その中でもおぷてのデビューアルバムは秀逸である!何がいいって、一曲一曲の主張が強いにもかかわらず、アルバムで聴かせてくる感があるところ。

今日はTension Up!で語りますよ!!

 

 

1stミニアルバム - 一級秘密 (韓国盤)

1stミニアルバム - 一級秘密 (韓国盤)

 

 

 

デビューアルバムだけでそのグループのカラーが分かることってあんまりない気がするのですが、この『一級秘密』というアルバムには、若干自己中気味だけど放っておけない、かわいいおぷて系男子がギュッと詰まっています。

 

そしてどうでもいいですが、私の中でのアルバムのイメージカラーは赤茶色です。

アルバムデザインの仕様も影響しているのかもしれませんが、このアルバムに収録されている曲に『火』のイメージをすごく感じるからっていうのが1番の理由です。

Phoenixっていう曲も入ってますし。

 

 

構成がいい

アルバムの構成ですが、一般的なアイドルのアルバムは

①イントロ(導入)曲

②タイトル曲

③タイトル曲の雰囲気に合う曲

④締めのバラード

っていう感じで4〜7曲入っていることが多いかなぁと思います。あとは最後にインストが入ったり、③と④の間にちょっと遊び心のある曲を入れたり。こんな風に、コンセプトから脱線しない程度でいろんなジャンルの曲が入ってますよね。

しかし!!!この一級秘密はというと、タイトル曲So Dangerousの後にいきなりバラード。これがまたいい曲!

(私はKPOPではおぷてとNU'ESTのバラードにはハズレがない!と思っております。)

ある意味挑戦です。

 

じゃあ締めは何なのかというとバラードではなくゆったりとした爽やかなCome with Meという曲で終わります。

鍋してて、割と早い段階で雑炊でシメて、そのあとに違う料理がいくつか出るけど1番最後はデザートがちゃんと出て、気づいたら今までの料理全部和食だった、みたいな。比喩下手ですみません。

 

とにかく、私の好みに合う曲が揃っていて、アルバム全体を愛でることのできる、おぷての華々しいデビューアルバム!!という話でした。

 

 

アルバムごと愛でるのおすすめです

私好きなアルバム多いんですよ。特に今回話したおぷてと、あとSHINeeやVIXXはアルバムごと愛でるべきだと個人的に思います。VIXXは全曲知ってて、その頃の本人たちの髪型とかいろいろ好きだから“その時期にしかなかった彼ら”を愛でたいっていうのもあるんですけど。

Red VelvetやEXO、INFINITEもよく聴きますけど、それはそれでランダムで聴いたほうが世界観が楽しめていいんじゃないかな、と思ったり。

好きなアルバムはまだまだあるので、また書きたいことを思いついた時に語っていこうと思います。

 

それではまた!

 

 

 

♪22 BLUEとPINK

色の名前を聞いて、懐かしい景色とか想像上の風景とかが浮かぶことはよくあると思う。

例えば「緑」と聞いて植物を、「黒」と聞いて夜を思い浮かべるように。

 

ところで、なぜわたしがこんなに偉そうに喋っているかというと、わたしが色聴に近い感覚を持っているらしいからです。

 

共感覚って聞いたことありますか?

人間には五感と呼ばれる感覚が備わっているのですが(第六感とかオカルトでよくいうけど)、その五感のそれぞれがありえない結びつきを起こしてしまうのを共感覚というそうです。色を見てにおいがしたり、音を聞いて色が見えたり。わたしの色聴は今の例の後者にあたるものです。

わたしの場合は音というよりは調や曲の流れに色が見えます。

 

で、本題です。

今日は曲名が色の名前である2曲を紹介したくてこれを書いています。実はどちらも同じ調の曲です。ですが、片方は日本語、もう片方は韓国語で歌われており、歌手の性別も異なります。そしてそれぞれの曲名が『BLUE』と『PINK』。おもしろそうでしょ?

 

 

BLUE/Samuel Seo

서사무엘 (Samuel Seo) - B L U E Official M/V - YouTube

B L U E

B L U E

さきほどわたしは紹介する2つの曲はどちらも同じ調と言いましたが、その調性の色のイメージは青に近いエメラルドグリーンなのです。だから、この調で『BLUE』という曲名を見たときはなんだか腑に落ちる感じがしました。

 

子供の頃に楽しいと思ってたことは、大人になってもずっとそのままだと思っていたけど、実際はうまくいかなくて、BLUEだったあの頃に戻りたい。

そんな歌詞の曲です。この歌詞、なんとなく自分と重なってます。歌詞の解釈が合っているかどうか分かりませんが、青、なんの躊躇い戸惑いもなく、ただ楽しい、おもしろい、という気持ちだけで動いていた、純粋な青の頃に戻れたら。明るい曲調の曲ではありますが、少し寂しい歌詞だと感じました。

 

 

PINK/土岐麻子

PINK

PINK

タイトルの“PINK”は…たとえば夢の色のこと。
現実を塗り替えるのが想像力だとするならば、その色のイメージがピンクでした。
このアルバムが皆さんの想像力のお供になってくれたら最高だなという願いがあります。
また、肉の色のこと、それは透けた肌の色のことでもあります。孤独な時、人が求める安心は、たとえばピンクの向こう側にあるかもしれません。
このアルバムが誰かの人肌のようなものになってくれたら、これまた最高です。

音楽ナタリー取材より引用

URL土岐麻子、年明けに新アルバム「PINK」リリース「皆さんの想像力のお供に」 - 音楽ナタリー

 

2曲めは『PINK』。先ほど申し上げたとおり、もしこの曲に歌詞がなかったら明らかに青に近いエメラルドグリーンの曲です。そのせいか、PINKというテーマカラーを基に繰り広げられていく音楽が、とても生々しく現実的に聞こえました。多分、肌や肉のPINKと、青く浮き出た血管、静脈、心臓などが一気に思い浮かんだからだと思います。

本来受け取るべき音楽の受け取り方をしていないのかもしれませんが…。すごく、現実的な一コマを想像しました。

 

 

BLUEとPINKといろんないろ

このほかにも、色の名前が曲名になっている曲ってたくさんあると思います。今回この2曲に絞っていろいろ書きましたが、JPOPというか日本の音楽は、「いま」「ここ」「わたし」を現実的に映し出す力が強い。落ち込んだ時とか、自分と向き合いたい時とか、そういう時にわたしは日本語の曲をよく聞いています。

この2曲には特に繋がりはありませんが、ただ好きなので、紹介しました。

♪21 SHE'S Tonigh に寄せて

前回のブログから少し時間が空いてしまいました。

 

わたしはよし聞くぞ、と意気込んで聞くのはクラシックだけで、その他のジャンルの曲は通学中や寝る前のストレッチ中、あとは筋トレしてる時とか、そういうつまらない時間のBGMとして聞いています。

クラシック以外と言っても、みなさんお察しの通り私はほぼKPOPばかり聞いています。なぜKPOPなのか、というのは、過去に書いたことがあったような。

♪17 好きと思えるものに素直に〜やっぱりKPOPが好き - 桜吹雪を避けて通る

 

KPOPにハマる前までは、邦ロックやバンドものをよく聞いていました。

でもやっぱりKPOP音楽の世界に落ちてしまってからは、なかなかバンドのサウンドを聞く機会もなく…。あ、CNBLUEは長いこと好きで聴いてます!

 

そんな中。おととい、Apple Musicを聴き漁っていた時に偶然見つけた『Tonight』という曲。

 

SHE'Sという4ピース(ボーカル&ピアノ、ギター、ベース、ドラム)のバンドの曲だそうです。

日本語の曲だとどうしても歌詞を重視してしまう私。そしてこの曲の歌詞に自分と重なるものを感じました。

君が泣いた夜のことも   耳を塞いだ夜のことも

僕らは抱えたまま   凍える夜に火を灯そう

君が1人を感じたら   この声を頼っていいから

どこにいたって傍へゆくよ

 

背負った傷跡   倒れる花瓶

改札通る度 心軋んでいく

「忘れられたら   それだけで報われるのにな」

 

君が笑う理由なら   すぐ傍にあふれているから

僕らは生きてこそだ

 

素敵な歌詞。メロディーもまっすぐでシンプル、より歌詞が伝わってきます。

それから1日経って昨日、曲の解釈について知りたくなってネットで調べたところ、この曲、作詞をしたメンバーの恋人が精神的な病に陥ってしまった時に、その恋人に「生きてほしい」と願った、その時のことを書いた曲なのだそうです。

 

実は私、2年前から軽症ですが不眠症や低血圧の体質から、自律神経失調症やうつにかかってしまっていました。今はほとんど治って薬もほぼ飲んでいませんが、去年などは学校へ毎日通うことができず、少し苦しい思いをしました。

 

なぜ今元気に生活できているかというと、ある友人のおかげなのです。

 

幼い頃からの仲であるその友人が、私が辛かった時期に真正面から向き合ってくれて、「僕を頼っていいから、」と何度も言ってくれたのをこの曲を聴いてふと思い出して、泣いてしまいました。

 

自分の経験と重なる曲ってあまりないと思うのですが、今回はこんなに素敵な曲と出会うことができました。またこの曲のおかげで私のそばにいてくれた友達のことももっと大切にしたいと思いました。 

 

 

♪20 日記をつけてみて思うこと

2017年のわたしの目標は

  1. 健康管理
  2. 運動をする
  3. できるだけ 一生懸命やる

の3つです。

これは昨年の暮れに決めました。

それで、ただ健康管理をしたり運動したりしてもなかなか実感がないぁと思ったので、日記をつけることにしました。

健康管理といえども、今日は○○に行ったとか、お昼に食べた○○がおいしかったとか、そういうどうでもいいことをつけていくつもりです。

 

わたしは冷え性・低血圧・頭痛持ちという3つの難題を抱えていて、365日のうち、心身ともに元気な日は50日ほどだと思うのです。50って。少ないですよね?(笑)

2017年は75日くらいになるように頑張ろうと思います。

年末になったら、その日数を数えてみたいので、これからもちゃんと日記を書くことにします。

 

日記の効果

日記を書き始めてかれこれ8日経ちました。

毎日何があったかとか、そのときどう思ったかを1日の終わりに書き留めておくことで、次の日を迎える心の準備ができると思います。

わたしは不眠症でもあるので、睡眠に入る前の布団に潜っている時間がとにかく長く、その1〜2時間をできるだけストレスフリーに過ごしたい。あの時間にストレスがたまると、次の日本当に寝起きが悪いのです。

 

もし同じような悩みを抱えている人がいれば、1日の終わりに日記をつけるのをお勧めします。

 

 

♪19 あけましてSEVENTEEN(パフォチ編)

遅くなりましたが、今回はせぶちことSEVENTEENについて語らせていただきます。

 

 

せぶちにハマってちょうど1年経ちました。

 

一昨年の大晦日だったと思います。

偶然再生したアッキンダの動画を見て、あ、この曲好きかもって思ったんです。それと同時に、サビのジョンハンとウジの振り付けも好きになりました。

ビビッと来たわけではなく、じわじわと、何回も聞くにつれて好きであることを認識させられた、という感じです。

 

その直後に見つけたマンセの方がこれまた好みのコード進行とメロディーだったので、13人って多いよな…と思いつつ(その当時7人のグループでも多いと思っていた)、2016年の三が日が終わる頃には、全員の名前と年齢順を覚えてしまっていた…という、出会いでした。

 

最初はホシくんが好きでした。

好きでしたっていうと過去形になっちゃうな、正しくは、今も好きです。正確にいうと、ブソクスンとボーカルチーム(訳してボカチ)が特に好きです。ん〜〜でもやっぱりスングァンが好きかなぁ…

 

ホシくんに惚れたのは、いうまでもなくそのパフォーマンス力とバライティ力だと思います。

特筆すべきは前者だと思いますが、ホシくんの創り出すパフォーマンスって、とても独特で好きです。表情とか、すごく、好き、もっと表現すべき言葉があることは分かっているけど、どう表したらいいんだろう、ホシくん、美しい、強い、かっこいい、、、困ったもんです。

 

 

 

さて、カウントダウンとともにHIGHLIGITを踊るパフォーマンスチームの動画が公開されました。

[MV] SEVENTEEN(세븐틴) _ HIGHLIGHT - YouTube

セブチというと13人という大所帯でありながらも抜群のまとまりを見せるダンス、それからホシくんのセンスある振りももちろん、個人の見せ場でハッピーサプライズ!というような売り出し方をしていると感じます。

でもどこか「13人で1つ」にこだわっている気がして、もっと新しい方向に進んでほしいと思っていました。

HIGHLIGITのあの動画は、まさしく新年のスタートにふさわしい、新しいセブチを見せてくれたと思います。

セブチはいつハッピーサプライズをプレゼントしてくれるかわからない、ワクワクドキドキなグループです。

 

 

 

前置きもそこそこに、MVを愛でていきましょうか。

 

f:id:shougatsu_san:20170106232523p:image

美しい、まずはとにかく美しいホシくん。

 

わたしは前髪を切りそろえたホシくんが好きです。セブチの中では割とやんちゃなイメージのあるホシくんですが、その芯の強さと統率力には心惹かれるものがあります。

ホシくんの踊りは、ひとつひとつの振り付けに意味が見えるというか、「観客がきっとこう見るだろう」というツボを的確に捉えている。

ふとした表情がすごく大人なんですよね、10時10分が冴え渡っている、あのツンとした目を向けられた日には、ホシくんの思うツボ、だったりして。

われわれ観客はホシくんの掌の上で転がされていると思います。

あっぱれ。

 

 

f:id:shougatsu_san:20170107234015p:image

瞳の彩度に魅せられた、ジュン。

 

この人はとにかく華がある。迫力とかオーラとかそういうことじゃなくて、ジュンの周りだけは違う次元が流れている気がします。

Boom Boomやイェップダなどの割とノリノリな曲でも、ジュンのパートになるとあれっ?てなります。決して悪い意味じゃなくて、他のメンバーにはない華が備わっているのを感じます。セブチの若々しくてポップでキュートで真っ直ぐな歌の中に、ふと違う空気が流れる気がする…。ああいうのを色気とよぶのですか?まだわたしにはわからない。

 

 

f:id:shougatsu_san:20170108000638p:image

ギャップ萌えが過ぎる、ディエイト。

 

セブチの楽しみ方として、ひとつ“ギャップ萌え”というものを提案したい。そしてわたしはミンハオくんに弱い。好きなのはスングァンだけど、ミンハオに弱い。ちょっと天然な面もありつつ一生懸命な人だと思っていたら、ブレイクダンスも踊りこなせる、冷たい目がこの上なく至極なアイドルだった…こんなギャップ他にありますか!!

まだ髪色がアイスクリームだった頃のミンハオに、ギャップ萌えとは何かを存分に知らされました。そして今回、彼の良さをまた再確認しました。顔のパーツや背格好と同様に、振り付けが“整っている”のがとてもかっこいいです。

 

 

f:id:shougatsu_san:20170108000942p:image

また大人になったね、ディノ。

 

13人のメンバーの中で、マンネマンネと可愛がられてきたディノ。とにかくダンスのレベルが高いなぁという第一印象でしたが、顔立ちもまだ幼く、ひとつ年上のバーノンとスングァン(ソラブー)とも違う雰囲気を持っているので、本当に大切に可愛がられているんだなぁと思っていました。

ところが。

最近カムバごとに大人になりつつありますよね。今後、視線や表情をアピールする余裕が出てきた時にどう魅せてくれるのか、とても楽しみです。

 

 

セブチ⊂パフォチ、だから強い

セブチは十人十色の良さ(と書いて個性と読む)をひとつのステージにびしっとまとめてくるのが素晴らしいと思います。

ですが、チームごとのステージではこれが13人の時とはガラッと変えてくるんですよね〜。自分たちの見せ場をよく分かっている。

そういえば、Twiceのオーディション、“Sixteen”のときに、JYPのパク・ジニョンプロデューサーも言ってました。「自分の1番光るもの(スター)が何かを分かっているかどうかが大事だ」と。

今回のHIGHLIGITのMVは、セブチとして13人で活動するときとは違った、パフォチの魅力が感じられるものになったと思います。

 

これからの4人に、そしてセブチに期待!

 

 

そして、初めてまだ3ヶ月ほどしか経っていないこの自己満足にすぎないブログを読んでくださる皆様、今年もよろしくお願いします。

 

♪18 声へのこだわり〜EXOに寄せて

突然ですが、好きな曲ってそのどこが好きなのか考えたことはありますか?

 

KPOPにハマりだしてから早いもので丸2年が経とうとしています。この2年間でお気に入りの曲がたくさん増えたし、それに伴ってたくさんのアイドルを知ることになりました。

前にも述べたとおり、わたしは捻くれ者で「他人と同じにみられること」が最も嫌なので、アイドルを見てキャーキャー言いたくもなければ、人気のグループの曲は再生ボタンを押すことすらためらうほど。

 

で、この間Apple Musicをいじっていて気づいたのですが、大好きなVIXXでは46曲ダウンロード済みだったのに対し、EXOではそれをわずかに上回る48曲をダウンロードしていたんですよね。

EXOといえば、韓国の芸能事務所としてはトップの知名度を誇るSMエンターテイメント所属で、世界中にファンがいて、韓国国内での人気度も常に上位、カムバックすれば必ず1位をとるような超人気アイドルじゃないですか、

捻くれ者のわたしからしたら、まさしく手をつけたくなくなるような人たち(ごめんねえくそ)…

なのになんでEXOが1番多く入れてあるのだろう…

結局「曲が好みだから」なんですよね。

 

未だにグループ自体にはすこし壁を作ってしまうけれど。

 

じゃあ、曲のどこが好きなの?

 

EXOの曲で好きなところを上げろと言われたら、わたしは迷わず「」と答えます。あとは、声の次に和音進行の美しさ、その次にサウンドの傾向。

昔邦ロックに興味を持っていた頃も、曲の良し悪しはボーカルの声で決めていたように記憶しています。

そのくらい、わたしは歌声にこだわりたい。

 

 

ちょっと話が飛びますが、EXOはデビュー当時12人で、EXO-KとEXO-Mがあって、韓国語と中国語の両バージョンで曲を出すスタイルでした。メンバーが9人になった今でも、タイトル曲は中国語で歌ってくれています。

 

これはあくまでも個人の意見ですけど、EXOの曲って中国語が似合う曲が多い気がするんです。少なくともわたしは中国語の曲が好み。中国語バージョンだけまとめて聞くくらい好き。

曲自体のコンセプトが大きくて抽象的でふわふわしているから、子音や詰まる音の多い韓国語よりも、変幻自在でもこもことした中国語の方が、より曲のイメージにあって聞こえます。

 

 

話を戻します。

 

EXOは声の混ざり方が非常に好きです。ベッキョンとチェン、それからレイやギョンスなど、歌割りの多いメンバーの声が一気に重なった時のハーモニーがとても好き。

 

歌声が好きなグループで言ったらB.A.Pとか、B1A4とか(ジニョンもサンドゥルも独特の声ですよね)、INFINITE(ミョンスのにゃあにゃあな声好きです)とか…

これらのグループに共通するのは、いろんな声のタイプの人がいて、一緒に歌うと奥行きが出て面白い、ということなんだと思います。

 

ボーカリスト単体ではGOT7のヨンジェの声が群を抜いて好きです。

鼻から抜ける感じというか、どこまでも自由で伸びやかな彼の歌声が好きです。ガッセロックを歌っていても、ヨンジェの声は切なくて優しくて好きです。

 

 

というわけで、大晦日なのでこのくらいにして蕎麦食べてきます。

 

それでは良いお年を。